ロボアドバイザー

ロボアドバイザーとは? メリット、デメリットを合わせて解説

What is RoboAdvisor?

こんにちは。

トーシカです。

ここ数年ロボアドバイザーという投資が注目を集めてます。

ロボアドバイザーとはその名の通りロボット(コンピューター)が投資のアドバイスをしてくれる投資方法です。

ロボット世代のトーシカとしては「ロボット」という響きだけで強くなれそうな気がします。

でも残念ながらガシャンガシャン動くロボットでありません。

いわゆるアルゴリズムを使って自動的に売買をしてくれる投資プログラムです。

アルゴリズム

問題を解決するための方法や手順のこと。

残念…でも感情がない分、人間よりも優れた投資をしてくれます。

投資をする上で感情の起伏は大敵です。

大体、感情が原因で大損をします。

話を戻します。

このコンピューターが投資助言をしてくれる仕組み自体は機関投資家等のいわゆるプロが依然から使用していました。

しかしここ数年、AI(人工知能)等の進歩により、我々一般投資家でも簡単かつ安い手数料でその恩恵を受けることができるようになったのです。

結果膨大な投資案件から自身でポートフォリオを組む必要なく、精度の高い投資をすることが可能になりました。

ポートフォリオ

安全資産と危険資産の最適保有率のこと。例えば安全資産は国債。危険資産は仮想通貨など…

ただ、もちろんロボアドバイザーも万能ではありません。

ここ大事なんですが、どんなに優れた人間の投資家も高度なアルゴリズムを活用したロボアドバイザーも勝ち続けることは不可能です。

では、ここからロボアドバイザーのメリット、デメリットを解説していきましょう。

めんどくーよ!

という人はトーシカも使っているウェルスナビテオで早速初めてみましょう。

トーシカ
トーシカ
そういう人…キライじゃない!

自分で色々試して、勉強するのも立派な投資です!

ロボアドバイザーのメリットは?

ロボアドバイザーのメリット

【ロボアドバイザーメリット】全自動で投資が開始できる

全自動。

素晴らしい響き。

全自動洗濯機。

皆さん当たり前に使ってますよね?

でもその前は二層式洗濯機でしたね。

知らない人はお母さんに聞いて下さい。

ロボアドバイザーは全自動洗濯機です。

いや…むしろ全自動洗濯機+乾燥+干し+たたみ+タンスに勝手にしまってくれるまでしてくれます!

ミストラップ
ミストラップ
わかりにくいわ
トーシカ
トーシカ
…じゃあ実例をあげていきましょう

簡単にロボアドバイザーを使用しない場合、つまり自分で全部やった場合の投資順序を記載していきます。

  • STEP1
    投資のお勉強
    大体ここで勉強量が多すぎて面倒くさくなります。投資の勉強に終わりはありません…
  • STEP2
    投資先の選定
    国内株式・米国株・新興国株・債権・金・不動産・投資信託………数千以上ある投資先から自分にあった案件を探す。もう面倒くさいですね。
  • STEP3
    それぞれの投資商品が購入できる証券口座等を開設
    ここまでで最低でも一ケ月位経ってると思います。ああ面倒くさい。
  • STEP4
    ポートフォリオの作成
    投資案件を決めた後にリスク許容度を計算し、それにあった投資配分にします。面倒くさいから全部同じ投資先にしてしまいたいですね。
  • STEP5
    買付け&状況に合わせてリバランス
    各商品の情報を逐一追って、状況によって買付け比率を変更します。もう面倒くさいから全部さっさと売ってしまいたいですね。

ざっと並べましたが、面倒くさすぎて倒れそうですね。

それがロボアドバイザーを使った場合。

  • STEP1
    ロボアドバイザー口座を開設
    大体5分程度で完了です。
  • STEP2
    質問に答える
    質問の答えによって最適な投資先とリスク許容度を計算してくれます。
  • STEP3
    入金
    これで終了です。

すごい!

人類の進歩すごい!

語彙力がなくなる位、これは素晴らしい!

まったく面倒くさくない!(口座開設は少し面倒くさいですが…)

さらに税金等の最適化までしてくれます。

いい時代になりました。

【ロボアドバイザーメリット】世界中に投資ができる

ロボアドバイザーのメリット二つ目は、世界中に投資が出来るという点です。

米国株はもちろん、新興国株、それにゴールドや不動産など…

下記の「世界経済の11年実質経済成長率見通しの推移」のデータを見て下さい。

世界経済の11年実質経済成長率見通しの推移 内閣府HPより抜粋

少し前のデータになりますが、先進国、新興国、途上国と比べて日本の経済成長率はとびぬけて悪いです。

というより経済成長してません。

素人が投資に勝てる要素の一つが時間です。

短期ではなく長期で投資する。

もっと詳しく言えば

短期の価格の乱高下に惑わされず、長期間で見れば成長が見込まれる市場に長期で投資をする。

残念ながら、ここ数十年の日本の株価及び経済成長率を加味すると、日本株は長期投資には向いていません。

ですから、世界中の株や不動産に投資が出来るというのはとても大きなメリットです。

しかも自動で。

はい。

ここ大事です。

自動で世界中に投資をしてくれるロボアドバイザー。

なんかロボアドバイザーが可愛く思えてきますね。

ロボアドバイザーのデメリット

ロボアドバイザーデメリット

【ロボアドバイザーデメリット】投資の知識が付きにくい

さんざんロボアドバイザーを褒めちぎってきましたが、もちろんデメリットもあります。

そう。

投資の知識が付きにくい。

投資案件としてロボアドバイザーはとても敷居が低いです。

FXや個別株、米国株や仮想通貨。

その他、信用取引に先物、CFD。

そういった案件は前提として最低限の金融知識と経済知識を必要とします。

まあぶっちゃけ勉強しなくても出来るんですが、それは投資ではなく投機になってしまいます。

でもロボアドバイザーは前項で書いた通り、知識や経験がなくても誰でも始められます。

経済状況の変動によるリバランスも勝手にしてくれるので、ほとんど手間がかからないんですね。

なので、「投資についてしっかりと勉強して身に着けたい」

という人はロボアドバイザーは向かないかもしれません。

ただし、忙しい人や銀行預金、または貯金のみの方は勿体ないので、ロボアドバイザーをおすすめします。

トーシカ
トーシカ
投資をしていない人の理由で上位にいつも上がるのは「十分な知識がなくて怖い」です。そういう観点からも投資の入門としてロボアドバイザーはおすすめです!

【ロボアドバイザーデメリット】すぐに儲からない

ロボアドバイザーはすぐには儲かりません。

いくつかロボアドバイザーの会社はありますが、どこも基本的に

「長期」「積立」「分散」

を基本方針にしています。

ウェルスナビデータウェルスナビより抜粋

上記はウェルスナビから抜粋したデータです。

データを見て分かる通り、長期の投資によって利益を最大化していく方針が取られています。
※見にくい場合は画像をクリックで大きくなります。

元本1,380万円が30年後50%の確率で3,865万円以上になると記載されています。

これが多いと思うか少ないと思うかはアナタ次第!

ちなみにゆうちょの定期預金金利は10年で0.010%。

トーシカ
トーシカ
イメージ的には老後資金を貯めるって感じだね
ミストラップ
ミストラップ
老後2,000万円問題もありますしね

ですからロボアドバイザーは「原資100倍を目指す」や「来年には倍にお金が増えてほしい」という人にはおすすめしません。

そういった人はやはり信用取引やFX、大穴狙いで仮想通貨等に投資するのがいいでしょう。

ただしリスクとリターンはいつも、どんな時でも比例していることをお忘れなく…