クラウドファンディング

クラウドファンディング 投資型 仕組み&メリット徹底解説

こんにちは!トーシカです。

この記事にたどり着いたアナタ!お目が高い。

クラウドファンディングと言えば、一般的には

1.ネットを通して個人がお金を集める
2.資金提供を受けた個人が夢や目標を叶える
3.資金を提供してくれた人には、完成した商品やサービスが優先的に受けられる

といったイメージですね。

では投資型クラウドファンディングとは何かと言うと

・投資対象が個人ではなく不動産、エネルギー関連等のファンドが多い
・投資した人はサービスではなく、お金が貰える

簡単に言ってしまえば、投資型クラウドファンディングは事業そのものにお金を投下してリターンを得る投資です。

クラウドファンディング比較
【2019年12月版】クラウドファンディング投資会社比較ランキング今回は2019年12月版おすすめほったらかしクラウドファンディング会社4選をお送りいたします。 ここ数年盛り上がりを見せるクラウド...

では次からはもう少し詳しくクラウドファンディングを見て行きましょう。

もう十分と言う猛者はトーシカも愛用のクラウドバンクで早速初めてみましょう。

トーシカ
トーシカ
クラウドファンディングと名前がついてますが、簡単に言えば少額で投資できるファンドだと思ってください!
ファンド

投資家などからお金を集めて資金を運用するプロのこと

【クラウドファンディング投資型】仕組み

クラウドファンデング投資型の仕組みは、インターネットで多くの個人投資家を募り、少しづつお金を出し合って、大きな資金をファンドに投資します。

クラウドバンク1クラウドバンクHPより引用

例えば個人で一つの不動産に投資しようとした場合、少なくても数千万円以上の資金(借金)が必要です。

素人がそんなことやったら一発で人生終了のリスクがあります。

そこで、クラウドファンデングの様に、みんなが集まって投資することで、リスクも分散できるワケです。

その分、利益も少ないんじゃないの!?

と思ってしまうのが人の性…

でも2019年現在、不動産の利回りってどのくらいか知ってます?

気になる方は「不動産投資 利回り」でお調べ下さい。

残念ながら利回り10%を超える物件は少ないですし、どれも築年数30年以上です。

リスクを考えると素人には絶対にオススメしません。

不動産投資ってやってみればわかるんですが、表面に出てこない出費が本当に多いんです。

数千万払っても、毎月の返済に利息、修繕積立金や税金など色々払うと、毎年手元に残るお金が数十万なんてザラですからね…

では話を戻します。

ゴチャゴチャ言ってしまいましたが、ではクラウドファンデングには実際にどの様な投資先があるかと言うと、

クラウドバンク2クラウドバンクより引用
クラウドバンク3クラウドバンクより引用

年率が最低でも5%以上ありますね。

投資が初めての方だと

「5%って少なくない!?」

と思ってしまう方も多いのですが、

ハッキリ言います。

5%は多いです。

100万円投資して一年で105万。

ゆうちょで一年定期の利率は0.010%。

100万円を一年間預けて79円の利息です。

そう考えるといかに5%が多いか分かりますよね。

トーシカ
トーシカ
それでも少ない!と思う方はリスクは高いですが、FXや信用取引がおすすめです!

【クラウドファンディング投資型】メリット

クラウドファンデング投資のメリットを完結に言えば

クラウドファンデングのメリット

・簡単
・少額で始められる(1万円からOK)
・待つだけで、お金が貰える
・利回りが高い

【簡単】

口座を開設して、いくつかあるファンドから選んでボタンを押せば投資完了。

毎日忙しく過ごす現代人にはもってこいです。

投資をしたことない人にアンケートを取ると、やらない理由の上位に

「難しそう」や「面倒くさい」

が出てきます。

なので投資をする上で【簡単である】というのはとても大事です。

【少額で始められる】

1万円からの少額で始められるのも魅力です。

投資は出来るだけ早く始めるのがおすすめです。

1万円なんて投資しても意味ないんじゃないの!?

なんて思っているアナタ!

間違いです。

投資は人生を通してずっとやっていくべきものなんです。

そして最初から大金を投下すると、失敗します。

投資は最初は少額で。

慣れてきたら、それなりの金額を投資しましょう。

まずは、最初の一歩を踏み出す。

これが大事です。

待つだけで、お金が貰える

なんか詐欺案件みたいな響きですね。

でも投資ってチャートを分析して、四季報を穴が空くほど読んで売り買いを繰り返して…

みたいなイメージを持たれる方が多いですが、

クラウドファンデングに関して言えば、完全に待つ投資です。

待つのも投資の立派な戦略の一つです。

利回りが高い

前項でも書きましたが、クラウドファンデングは相対的に利回りが高い案件が多いです。

定期預金や国債と比べるとその高さが際立ちます。

もちろんその分リスクもあるので、しっかりとした実績のある会社を選びましょう。

最初にも紹介しましたが、クラウドバンクは2019年10月現在、原本回収率は100%です。

これはなかなか驚異的な数字です。

【クラウドファンディング投資型】注意点

最後にクラウドファンデングの注意点を記載します。

投資をする上でメリットしかない投資は存在しません。

もしそんな投資があれば、詐欺だと思った方がいいでしょう。

クラウドファンデング注意点

・元本保証ではない
・目標利回りを下回る可能性もある
・途中解約ができない

元本保証ではない

元本保証がない、つまり投資した金額が全額絶対に戻ってくるわけではありません。

投資先ファンドの事業が上手くいかなかった場合は、投資金が戻ってこない可能性もあります。

だからこそ、どこのクラウドファンデング会社を使うかが重要になってきます。

投資をしたことない人はこの【元本保証がない】ということに必要以上に恐怖感を抱きます。

だから投資怖い!

やっぱり貯金が一番となってしまうんですね。

これは本当に勿体ないことです。

そういう必要以上にお金が無くなることを恐れる人ほど

【元本保証あり】【月利10%】などの、投資経験者であれば100%詐欺だとわかる案件に騙される人が多いです。

投資以外でもそうですが、リスクとリターンは比例します。

絶対に損しないけど儲かる投資などは存在しないと思って下さい。

目標利回りを下回る可能性もある

これも【元本保証なし】と同じですが、目標利回りを下回る可能性もあります。

どうしてもまだ始まっていない事業に投資するので、色々な思惑が外れることもありますね。

トーシカは会社を経営しているので、こういったことには結構寛容です。

なかなか事業って想定通りにはいかないんですよね…

ここら辺の想定利回りと実際の利回りの乖離については後程記事にしたいと思います。

途中解約ができない

運用期間中は途中解約による返金が出来ません。

案件によって投資期間はマチマチですが、12か月前後の投資案件が多いです。

つまり投資を開始してから12か月ほどは投資資金はロックされたままになります。

ですのでとても大事なことですが、余裕資金で投資しましょう。

間違っても生活費や借金の返済金で投資を行ってはいけません。

これは長期間資金がロックされるクラウドファンディングに関わらず、全ての投資に言えることです。

来月10万円の借金の返済があって、手元には5万円…

よし!

一ケ月でこの5万円を投資で二倍にして借金を返そう!

はい。

これは絶対にダメなやつです。

運が良ければFXや仮想通貨で増やすこともできるでしょう。

しかし運で勝った人はその後かなりの確率で負けます。

投資はギャンブルではありません。

そのことは肝に銘じておきましょう。

トーシカ
トーシカ
額にもよりますが、5万円を増やしたいだけなら投資よりもバイトがおすすめです。
クラウドファンディング比較
【2019年12月版】クラウドファンディング投資会社比較ランキング今回は2019年12月版おすすめほったらかしクラウドファンディング会社4選をお送りいたします。 ここ数年盛り上がりを見せるクラウド...